PR

 産業技術総合研究所(産総研)と超先端電子技術開発機構,明星大学,芝浦工業大学は共同で,電子機器の電源ネットワークのインピーダンスを高精度に測定する技術を開発したと発表した。開発した測定技術を使えば,10Hz~40GHzという極めて広い周波数帯域の電源インピーダンスを0.001Ωと低いオーダーで評価できる。この結果,LSIの動作によって発生した電源雑音を抑制する対策の効果を高い精度で確認できるようになる。電源雑音は,LSIの誤動作やLSIの特性劣化,規制値を超えるEMI(放射電磁雑音)発生の原因とされている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中