PR

 三菱重工業と、原子力発電所のメンテナンス大手である英Weir Power & Industrial社は、原子力発電用ポンプの供給・メンテナンス体制の構築に関して協業することで合意した。これにより、三菱重工業は原子力ポンプの設計・製造を、Weir社は販売サポート/プロジェクト管理/据付け/アフターサービスなどを担当する。今後増加が予想される新設需要に対応しながら、原子力ポンプ事業の効率的な展開を図る。

 同事業は当面、英国市場を対象とする。欧州でのサプライチェーンを強化すると同時に、グローバル供給体制づくりの橋頭堡を築く。三菱重工業では、英国における原子力ポンプの競争優位性を高めて、欧州進出を加速させる狙いだ。