PR

 直射日光や明るい照明の下でも使える光センサ方式のタッチ機能付き液晶パネルを,シャープがディスプレイ関連最大の国際会議「SID 2010」で発表した(論文番号:45.5)。光センサ方式のタッチ機能付き液晶パネルとは,液晶パネルのTFT基板上の各画素内に光センサ(フォトダイオード)を形成し,液晶表面での指の動きなどを検知するもの。いわゆる「イン・セル型タッチ・パネル」と呼ばれる技術の一方式である。シャープは,2009年4月に発表した自社のノート・パソコン「Mebius PC-NJ70A」のタッチ・パッド部に,この技術を搭載した実績がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中