PR
図1 三菱電機のLEDバックライト搭載液晶テレビ
図1 三菱電機のLEDバックライト搭載液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]
図2 横から見たところ
図2 横から見たところ
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱電機は2010年5月31日,LEDバックライト搭載の液晶テレビ「REAL」を発表した(ニュース・リリース)。Blu-ray Disc(BD)/HDDレコーダーを内蔵するモデルの第2弾である(Tech-On!の関連記事)。46型と40型の2機種。市場想定価格は,46型品が35万円前後,40型品が25万円前後。2010年7月2日に発売する予定。

 搭載するバックライトは,白色LEDをパネルの上下の側面に配置した「エッジライト型」である。領域発光制御は導入していないため,映像信号に対してパネル全面で輝度を調整する。LEDバックライトを採用することで,「省エネや薄型を追及した」(同社の説明員)という。ただし,消費電力や厚さの仕様は,「まだ未確定であり,公表していない」(同)。

内蔵するHDDは,記録容量が500Gバイト。MPEG-2方式の地上デジタル放送を,MPEG-4 AVC/H.264方式に1/8に圧縮できる。

 BD/HDDレコーダーを内蔵した32型品と26型品も合わせて発表した。この2機種は,バックライト光源にCCFL(冷陰極蛍光管)を用いる。市場想定価格は,32型品が17万円前後,26型品が14万円前後。2010年に発売する予定である。