PR
メモやスケッチを想定した「Eee Tablet」
メモやスケッチを想定した「Eee Tablet」
[画像のクリックで拡大表示]
「Eee Pad EP121」にキーボードを取り付けることでノート・パソコンの形状になる
「Eee Pad EP121」にキーボードを取り付けることでノート・パソコンの形状になる
[画像のクリックで拡大表示]
Windows Embedded Compact 7を搭載する「Eee Pad EP101TC」
Windows Embedded Compact 7を搭載する「Eee Pad EP101TC」
[画像のクリックで拡大表示]
Android搭載携帯電話機の「Garmin-ASUS A10」。独自のユーザー・インタフェースを持つ
Android搭載携帯電話機の「Garmin-ASUS A10」。独自のユーザー・インタフェースを持つ
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾ASUSTeK Computer, Inc.(華碩電脳)は2010年5月31日,「COMPUTEX TAIPEI 2010」に先立って開催した報道機関向け発表会で,2種類のタブレット端末を発表した。メモやスケッチに適した「Eee Tablet」と,キーボードを取り付けることでノート・パソコンにもなる「Eee Pad」である。

 Eee Tabletは,付属するペンでメモやスケッチを取ることを主な用途とする製品。ユーザーとして学生や会社員を想定しているという。モノクロのTFT液晶ディスプレイを搭載(電子ペーパーではないので,電源を切った状態では描いた内容は表示されない)。タッチパネルは2450dpiの精度を持ち,スムーズな線の入力が可能だとする。メモを取りやすいように,「行」や「格子」といった様々な罫のノートのテンプレートも内蔵する。背面には200万画素のカメラを搭載する。

 Eee Pad EP121には,取り付けることでノート・パソコンの形状になる外付けキーボードと,取り付けることでデスクトップ・パソコンになる光学ドライブ内蔵のドックを用意する。ディスプレイとして12型のタッチスクリーン付き液晶,プロセサとしてCLUV Intel Core 2 Duo,OSとしてWindows 7 Home Premiumを搭載する。

 10型ディスプレイを搭載する小型の「Eee Pad EP101TC」も用意する。重さは675gで厚みは12.2mm。OSとしてWindows Embedded Compact 7を搭載する。発表会では,アイコンの並んだ画面を左右に切り替えるiPhone/Android風のユーザー・インタフェースが披露された。

 Garmin-ASUSブランドで発売する2機種のAndroid搭載携帯電話機も展示した。「Garmin-ASUS A50」は,米T-Mobile USAが2010年6月9日に米国で発売する製品。OSとしてAndroid 1.6を搭載し,プロセサはQualcomm 7227(600MHz),ディスプレイは3.5型TFT液晶である。「Garmin-ASUS A10」もAndroid 1.6を搭載するが,A50とは異なりAndroid 2.1にアップデートが可能だという。いずれの機種も,Android標準のものとは違う,独自にカスタマイズされたユーザー・インタフェースを搭載する。