PR
図1 ヤフーと淘宝(タオバオ)が提携してサービス開始
図1 ヤフーと淘宝(タオバオ)が提携してサービス開始
[画像のクリックで拡大表示]
図2 説明するヤフー 取締役会長の孫正義氏
図2 説明するヤフー 取締役会長の孫正義氏
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「Yahoo!チャイナモール」で商品を購入する時の流れ
図3 「Yahoo!チャイナモール」で商品を購入する時の流れ
[画像のクリックで拡大表示]
図4 期待のかかる中国市場
図4 期待のかかる中国市場
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネット国内最大手のヤフーと,中国インターネット通信販売最大手の淘宝(タオバオ)は2010年6月1日,それぞれが運営する通販サイトの商品を,日中間で相互に購入できるサービスを開始した(図1,発表資料1)。同日開いた記者会見の席では,ヤフー 取締役会長で,ソフトバンク 代表取締役社長の孫正義氏が「(今回の提携により)今年中にも世界最大のeコマース市場が誕生する」と,成長市場の中国での事業展開に決意を込めた(図2)。

中国の商品を日本語で買える

 両社の通販サイトを相互接続できるようにしたことで,日本の消費者は中国の通販サイト「淘宝網」の取扱い商品を,ヤフーのポータルサイト内に開設した新サイト「Yahoo!チャイナモール」で購入可能になった。同様に,中国の消費者は日本の「Yahoo!ショッピング」の取扱い商品を,淘宝網に新設した「淘日本(タオジャパン)」で購入できる。サービス開始当初は,Yahoo!チャイナモールでは約5000万点の商品を,淘日本では約1000万点の商品を販売する。

 両社が今回新設した通販サイトでは,商品ページに記載されている内容を機械翻訳で中国語を日本語に,日本語を中国語に変換して表示する。価格も,中国では「元」,日本では「円」で表示するため,わずらわしい通貨レートの換算をしなくても,普段と変わらない感覚で商品を購入できる(図3)。出店企業は,ヤフーか淘宝の通販サイト内に自国語で仮想店舗を開設するだけでよく,日本や中国で販路を拡大しやすくなる。大手企業だけではなく,中小企業にとっても,魅力あるサービスと言えそうだ。

楽天も着々と準備中


 ヤフーと淘宝の顧客数の合計は,2009年の実績で約2億5000万人。取扱高は約3.8兆円で「2010年中にも,現在世界最大手の米eBay Inc.を抜く。2010年の取扱高は6兆円くらいになるのでは」(ソフトバンクの孫氏)と説明した。

 淘宝 代表取締役社長兼CEOの陸兆禧(ジョナサン・リュー)氏によれば,2009年の中国におけるインターネット通販の市場規模は約2480億元(約3兆3000億円)で,今後も順調な成長が見込めるという。既に,中国はインターネット利用者数で米国を抜いて世界一になっており,通販市場のさらなる拡大に注目が集まっている(図4)。

 中国市場は,ヤフーだけではなく,日本のインターネット通販で最大手の楽天も参入準備を着々と進めている。インターネット検索で中国最大手の百度(バイドゥ)と合弁会社を設立し,中国でネット通販事業に参入することを2010年1月に発表済みだ(発表資料2)。