PR
写真1 KDDIとKDDI研究所が開発したコンテンツ推薦システム 一番手前のアンテナの付いた筐体が無線LANと赤外線のコンバータ
写真1 KDDIとKDDI研究所が開発したコンテンツ推薦システム 一番手前のアンテナの付いた筐体が無線LANと赤外線のコンバータ
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンで個人の嗜好に基づいたテレビ番組の推薦を受け,スマートフォンの操作だけでユーザーの目の前にあるテレビのチャネルが変えられる――。そんなシステムをKDDIとKDDI研究所が試作し,2010年6月24日から26日まで東京都内で開催中の「ケーブルテレビショー2010」で展示した。

 今回試作したシステムは,KDDIのAndroidスマートフォン「IS-01」と,パナソニックのHDD内蔵セットトップ・ボックス「TZ-HDW600」,および無線LAN/赤外線通信コンバータからなる(写真1)。IS-01では,このシステム専用のアプリケーション・ソフトウエアを動作しており,このアプリケーションに対して推薦コンテンツがサーバーから配信される。

 推薦情報は,ユーザーの属性や,Webやテレビの視聴履歴,位置情報,時間などを解析した上で決定され,配信される。今回の試作システムでは,テレビ番組以外にも,レストラン情報,天気,交通情報などの情報を用意した(写真2)。

 推薦されたあるテレビ番組の詳細情報を開くと,番組内容とともに,「観る」というボタンが表示される(写真3)。このボタンにタッチすると,無線LAN/赤外線コンバータに無線LAN経由で信号が送られ,さらにコンバータから赤外線でテレビに信号が送られ,推薦を受けたテレビ番組のチャネルに変わる(写真4)。実はIS-01には赤外線モジュールが搭載されているが,発光部が前面(ユーザー側)に付いているためにうまく使えず,こうした仕組みにしたという。

 また,TZ-HDW600はオプション部品をUSBポートにつなげることで無線LANの子機になる。「無線LAN経由でチャネルを変更できるようにパナソニックと協議している」(説明員)という。

 商用化時期は未定。説明員は「技術の面ではいつでもサービスが開始可能だが,ビジネス・モデルの検討が必要」とした。

写真2 推薦を受けるアプリケーション・ソフトウエアの画面
写真2 推薦を受けるアプリケーション・ソフトウエアの画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 テレビのコンテンツの詳細情報表示画面 右側にある「観る」というボタンを押すとテレビのチャネルがこのコンテンツに変わる。
写真3 テレビのコンテンツの詳細情報表示画面 右側にある「観る」というボタンを押すとテレビのチャネルがこのコンテンツに変わる。
[画像のクリックで拡大表示]
写真4 テレビ用のリモコンとしても使うことが可能
写真4 テレビ用のリモコンとしても使うことが可能
[画像のクリックで拡大表示]