PR
Google社のShalini Govil-Pai氏
Google社のShalini Govil-Pai氏
[画像のクリックで拡大表示]

 市場調査会社の米DisplaySearch社は2010年8月18日,テレビ市場に関するイベントを開催した(Tech-On!関連記事)。この日の目玉は,米Google Inc.,YouTube/GoogleTV,Group ManagerのShalini Govil-Pai氏の「Google TV」(Tech-On!関連記事)に関する公演。Govil-Pai氏は,以前からインターネットとテレビをつなぐ製品は市場に存在したと指摘しながら,「(普及に向けて)ついにコンテンツ,通信や機器を取り巻く環境,そして収益化という3つの要素が揃った」と主張した。

 Govil-Pai氏はコンテンツに関して,「既にインターネットでは何100万チャンネル分の動画コンテンツが配信されており, YouTubeなら一日に10億分に相当する動画が再生されている」(同氏)とした。インターネットの接続環境を備える端末も増えており,米国なら現在は720pのHD動画を転送できるブロードバンド環境が多いが,近いうちに1080pにも対応できるようなるとする。

 これまでコンテンツ企業からは,インターネットの動画配信から得られる利益が少ないという指摘が多かった。しかし,Govil-Pai氏はこの状況も変わりつつあると主張する。「すでに,インターネット広告で25米ドルのCPM(cost per impression)を得ているYouTubeの動画配信パートナーが存在する。これはテレビ放送並みの金額だ」(同氏)。

Google TVの収益化手法について,Govil-Pai氏はまだ具体的なものは決まっていないという。だが,もちろん広告収入が中心になると見られる。Google社は既に,2008年3月に買収した米DoubleClick社の広告配信システム,もしくは同社の「AFV(AdSense for Video)」を使ってオンライン動画の広告を配信している。さらに,「AFTV(AdSense for TV)」のシステムも運用しており,米国市場では衛星もしくはケーブル・テレビ向けに広告を配信している。「我々は個々の視聴者の興味に合ったテレビ広告を配信することで,CPMを向上する自信がある」(Govil-Pai氏)としている。

 なお,Google TVは当初発表された通り,2010年10月に公開する予定とGovil-Pai氏は言う。