PR

 米MIPS Technologies, Inc.は,完全にシンセサイザブル(論理合成可能な)なマルチコアCPUのIPコア「MIPS32 1074K CPS(Coherent Processing System)」を発表した(発表資料)。MIPS32 1074K CPSは,同社のMIPS32 74Kコアを最大4つまで集積でき,標準的なセルライブラリやメモリ,EDAツールを使った場合でも,40nm Gプロセス上で最大1.5GHzで稼動する。このマルチコアによるパフォーマンスは,デジタルテレビやBlu-rayプレイヤー,セットトップ・ボックスをはじめとする,次世代のインターネット接続マルチメディア製品の開発に最適である。また,MIPS32 1074Kのプラットフォームは,Android上で動作するタブレット・コンピュータなどを含むネットワーク製品もターゲットと考えている。ベースとなるMIPS32 74Kコアは,既に20を超えるメーカーにライセンス供与を行っており,また同じくマルチコア製品であるMIPS32 1004Kも10を超えるメーカーにライセンス供与している。MIPS32 1074Kの最初のライセンス先は決定しているという。

 スーパースカラー構造のMIPS32 74Kマイクロアーキテクチャをそのまま利用している。既にMIPS32 74Kコアを採用した製品の中には,量産前の段階ながら1GHz動作が可能になっているものもある。1074K CPSではこのMIPS32 74Kコアに加えて,様々なC++アプリケーション(WebブラウジングやJavaScriptエンジンで利用されている)を高速化するためのハードウエアの改良を行った。加えて,Webkitなどに代表されるオープンソフトウエアを,MIPS32 1074K向けに最適化を行っている。1.5GHzで動作するMIPS32 1074Kプラットフォームで1つのコアのみを使ってJavaScriptエンジンのベンチマークであるSunspiderを実行すると,概ね2秒以内に終了する。

 MIPS32 1074K CPSは最大4つの74Kコアと,パワー/クロックゲーティングやグローバル割り込み制御,プログラム/データトレース機能,及びオプションでL2キャッシュ制御を含むシステムコンポーネントとのインターコネクトから構成される。3コア構成のMIPS32 1074KコアとIntelのAtom CPUを搭載したCE4100 SoCを比較した場合,ダイサイズはMIPS32 1074Kの方が小さく,CoreMarkベンチマークの結果はMIPS32 1074Kが概ね2.5倍の性能となるという。

 このMIPS32 1074K CPSは20110年10月に提供を開始する。最初に提供されるのは,MIPS32 1074Kc(整数演算のみ)とMIPS32 1074Kf(各コアにそれぞれFPUを内蔵)の2種類である。