PR

 名古屋大学大学院工学研究科准教授の太田裕道氏らは、水の電気分解を利用することによって、安価で資源量も豊富な絶縁体酸化物のチタン酸ストロンチウムの表面を、大きな熱電効果を示す金属に変えることに成功した。熱電材料はエンジンの排熱を利用して発電するハイブリッド自動車などへの応用が期待されている。しかし、一般的な熱電材料はビスマス、アンチモン、鉛、テルルなどの重金属から成る化合物で、地球上における埋蔵量が少ない資源を必要とする上、毒性が強く、耐熱性が低いといった諸問題があるため、応用範囲が限られていた。ちなみに、同研究は科学技術振興機構(JST)の課題解決型基礎研究の一環として、東京工業大学教授の細野秀雄氏、東京大学教授の幾原雄一氏らと共同で実施したものという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
5/25(火)自動車未来サミット、オンライン開催

5/25(火)自動車未来サミット、オンライン開催

SUBARU、ボッシュ、デンソーなど登壇。次世代モビリティーを支える技術とビジネスを語る。

お急ぎお申し込みください!

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中