PR

 米Freescale Semicoductor, Inc.は,車載向けアプリケーション向けにPowerArchitecture搭載製品である32ビットMCU「Qorivva」ファミリーを発表した(発表資料)。Qorivvaシリーズは55nmの不揮発性メモリ(NVM)プロセスを利用して製造される。

 Freescaleは,既に32ビットのPowerArchitecture搭載MCUを2億個以上出荷しており,車載向けに多く利用されている。Qorivvaシリーズはこのマーケット向けの後継製品であり,より高い性能と安全性を備えたものとなる。

 次世代のスマートカーでは,より安全性を高める機能が要求されている。現在のトレンドは従来型の受動的な安全システムに加え,能動的な安全システムを盛り込むこととパワートレインの電子化である。こうした要求に伴い,車載システムは急激に高度化しており,これに伴ってMCUのパフォーマンス向上への要求も高く,安全性と性能の両面を満たすためにもマルチコア化が要求されている。特にブレーキやステアリング,パワートレイン,各種ドライバーアシスト機能においては,フォルト・トレランと設計が求められている。これと同時にシステムの複雑さへの対応と省電力化も要求されている。Qorivvaシリーズはこうしたトレンドに対応することを目的とした製品である。

 Qorivvaシリーズの主な特徴は以下の通り。

・処理速度の向上により,高度な制御アルゴリズムと機能を実現。
・オンチップ・メモリ(Flash及びSRAM)を増量し,オフチップ・メモリの必要性を削減。
・トランスミッションのソレノイドや燃料噴射システム,モータといった複雑なデバイスを駆動するためのインテリジェントな周辺機器を搭載。
・より高機能なセンサ・インタフェースを内蔵し,次世代車両向けセンサをそのまま接続可能。
・高速なA/Dコンバータを内蔵。

 Qorivvaシリーズは2012年初頭から販売開始を予定している。