PR

 「危機感」。この言葉が,電子ペーパーにとっての2010年を端的に表現している。米Apple Inc.のタブレット端末「iPad」の登場が,その背景にある。  電子ペーパーにとって現在,最大の用途は電子書籍端末である。2010年に入るまで電子ペーパーは,文字の読みやすさと目の疲れにくさなどを武器に,テキストを中心とした電子書籍の分野で一定の位置を築いてきた。そして将来は,カラー化を徐々に進めていけば雑誌などのコンテンツも取り込めるとの思惑もあった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する