PR
「電子書籍サミット2011」で講演するソニーマーケティングの磯村氏
「電子書籍サミット2011」で講演するソニーマーケティングの磯村氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは,2010年12月10日に国内で販売を始めたばかりの電子書籍端末「Reader」の売れ行きが好調であることを明らかにした。同年12月15日に東京で開催された「電子書籍サミット2011」(主催:日経エレクトロニクス)において,ソニーマーケティング コンスーマーAVマーケティング部門 メディア・バッテリー&AVペリフェラルマーケティング部 統括部長の磯村英男氏が語った。

 売れ行きが好調なのは,6型の電子ペーパーを搭載する「Reader Touch Edition」。磯村氏は,具体的な販売台数については明らかにできないとしながらも,「Touch Editionについては,既に品切れに近い状態になっている。特約店にも迷惑を掛けてしまっている」とした。一方,5型の電子ペーパーを搭載する「Reader Pocket Edition」については,十分な在庫があるという。

 ソニーは,発売キャンペーンとして,家電量販店だけでなく,紀伊国屋書店の3店舗(新宿本店/新宿南店/梅田本店)においてもReaderの店頭販売を実施している。この書店における販売も,予想以上に好調だという。「正直,書店での店頭販売ではあまり売れないと思っていた。しかし,実際にはかなりの台数が売れている。我々のReaderは,“本好き”のユーザーにアピールする戦略を打ち出しているが,その戦略に手応えを感じている」(磯村氏)。

 このほか,ソニーが「読みを見誤った」とするのが,端末周辺のアクセサリーの売れ行きである。現在,端末用の「ブックカバー」「ライト付きブックカバー」「ソフトキャリングケース」を用意している。「Reader購入者における(これらのアクセサリーの)装着率が非常に高い。アクセサリーも品切れに近い状態になっている」(磯村氏)と語った。