PR

 伊仏STMicroelectronics社は,同社の8ビットのMCU「STM8」と組み合わせた静電容量方式のタッチ・センサのファームウエアライブラリである「STMTouch」を更新したことを発表したした(発表資料)。今回発表した第2世代のSTMTouchは,200以上のSTM8製品で利用可能であり,産業用途や家電アプリケーション用途などに向けた「STM8Sファミリー」や省電力向けにEnergyLite技術を搭載した「STM8Lファミリー」でも利用できる。

 新たに電荷移動を利用した接触検知をサポートしており,これは高い感度と確実性を実現する。また同時複数チャネルの検知のサポートにより,CPU利用率を下げることが可能で,消費電力の低減に効果的である。またスライダー及びホイールの制御も改良されており,三つのI/Oピンを使い256レベルの解像度を実現できる。また,メモリ使用量と周辺回路の利用率も削減しており,複雑なユーザー・インタフェースを少ないコントローラで実現可能としている。

 第2世代ファームウエアの利用促進のため,STMTouch開発プラットフォームにSTM8Lをサポートした新しい評価ボードが加えられた。同梱される開発ツールのSTM Studioにはタッチ感度の調整機能が追加されている。STM StudioはPC上で稼動するGUIベースのツールである。評価ボードには加えて,APIの詳細やアプリケーションノート,サンプルコード,及び量産ボードのレイアウトに関する推奨条件などのドキュメント類も付属する。Cコンパイラのサポートも拡張され,最新バージョンのCosmic/IAR/Reisonanceコンパイラに対応する。

 この最新版のSTMTouchは同社のWebページから無償で入手可能である。またSTM8L MCUをサポートした評価ボードSTMT/8L-EV1は49米ドル,STM8SファミリーをサポートしたSTM8/128-EV/TSは179米ドルでそれぞれ提供される。