PR
さまざまな形に変形するデジタル・カメラ「TRYX」
さまざまな形に変形するデジタル・カメラ「TRYX」
[画像のクリックで拡大表示]
シューティング・スタイルにして撮影しているところ
シューティング・スタイルにして撮影しているところ
[画像のクリックで拡大表示]
自立させてタイマー撮影しているところ
自立させてタイマー撮影しているところ
[画像のクリックで拡大表示]
アップロードした写真をアートワーク変換するWebサービス「Imaging Square」
アップロードした写真をアートワーク変換するWebサービス「Imaging Square」
[画像のクリックで拡大表示]
絵画風への変換で選択できる12種類のパターン
絵画風への変換で選択できる12種類のパターン
[画像のクリックで拡大表示]

 カシオと米Casio America, Inc.は米国時間2011年1月5日,「2011 International CES」において,さまざまな形に変形することで多様な撮影スタイルに対応できるデジタル・カメラの新製品「TRYX」を発表した。また,ユーザーがデジタル写真をアップロードすることで,絵画風にアートワーク変換する無料のWebサービス「Imaging Square」を開始することも明らかにした。

 TRYXは,米国で2011年4月に249.99米ドルで発売する(日本での発売は未定)。レンズ・モジュールに取り付けられたフレームと液晶表示部が独立して回転することで,さまざまな形に変形する。これにより「液晶表示部を反転させて自分撮り」「ビデオカメラのようなシューティング・スタイル」「フレームにより自立させてタイマー撮影」「フレームを壁のフックに引っ掛けて撮影」といった多様な撮影スタイルが可能になった。

 3型液晶の表示部にタッチ・パネルを備えており,タッチにより操作を行う。撮像素子は1210万画素の裏面照射型CMOSセンサー。画像処理LSIとして新型の「EXILIM ENGINE HS」を搭載した。

 レンズは21mmの広角単焦点。デジタル・ズームには,高速に撮影した複数の画像を組み合わせて最適な画像を生成する「High-Speed SR Zoom」という技術を採用した。HDR撮影の機能も持つ。また,FacebookやFlickr,YouTubeといったサービスとも連携できる。

 Imaging Squareは,米国で2011年2月に開始する予定。同様のサービスを日本でも1月11日に開始する。ユーザーがImaging SquareのWebサイトに写真をアップロードすることで,HDR風や絵画風に変換できる。絵画風への変換は,12種類のパターンから選択する。カシオ製のデジカメだけではなく,他社製のデジカメや携帯電話機で撮影した写真でも利用できる。変換した写真の公開機能もある。

 さらに,変換した写真のプリント・サービスも用意する予定だ。プリント・サービスの米国での提供時期は未定だが,日本ではImaging Squareの開始と同時にプリント・サービスの提供も始めるという。