PR

 米Texas Instruments Inc.(TI社)は,同社の16ビットMCU「MSP430バリュー・ライン」に「MSP430G2xx2シリーズ」を64製品投入した(発表資料)。8ビットMCUと同等の価格レンジで提供されるとしており,また新たに容量式タッチセンサー回路を内蔵している。この回路は外部に周辺回路を必要とせず,また4.3米ドルで提供されるTIのLaunchPad開発キットが利用できる。

 MSP430G2xx2シリーズでは,新たに最大8Kバイトのフラッシュ・メモリと256バイトのRAMもラインナップされることになったほか、ピン数を20ピンにしたTSSOP及びPDIPのパッケージも新たに追加されている。同シリーズは省電力性にも優れており,スタンバイ電流は0.4mAで,1ms以内に周辺回路を含めてのWakeupが可能である。周辺回路としては10ビットのADCやUART,コンパレータなどが搭載される。開発環境はTI社から無償で入手可能であり,この中にはCode Composer Studio IDEを初めとしてコンパイラやデバッガも含まれている。またIAR Embedded WorkbenchもMSP430G2xx2シリーズをサポートしている。
 
 価格は10万個の場合で1個0.33米ドルからとなっており,現在サンプル出荷を開始している。またLaunchPad開発キット(MSP-EXP430G2)は既にオーダー可能状態である。