PR
韓国Samsung Electronics社 Senior Vice President East Asia Sales & Marketing Group,Mobile Comm.のHonsik Cho氏
韓国Samsung Electronics社 Senior Vice President East Asia Sales & Marketing Group,Mobile Comm.のHonsik Cho氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「スマートフォンへのFeliCaの搭載については悩んでいる」。韓国Samsung Electronics社 Senior Vice President East Asia Sales & Marketing Group,Mobile Comm.のHonsik Cho氏は2011年2月15日,「Mobile World Congress 2011」の会場内で日本の報道機関のインタビューに応じ,このように語った。

 同氏によれば,「Samsungが提供するスマートフォンにFeliCaの機能を追加するのはハードウエア的には簡単だが,ソフトウエアの面でグローバル端末との整合性が取れない可能性があり,悩んでいる」という。現在,日本メーカーが製造しているスマートフォンはフェリカネットワークスから提供されるミドルウエアを搭載することでFeliCaに対応している。ただし,このミドルウエアは米Google社がAndroid 2.3で用意したNFC用ミドルウエアとは異なるものだ。FeliCa用のミドルウエアを搭載することで「Androidのソフトウエア・アップデートなどでグローバル用端末と整合性が取れず,遅滞が生じたりすることを懸念している」という。逆にFeliCaのセキュア・エレメントを含まない形でのNFC機能の搭載については積極的に推進していくという。

 一方,ワンセグについては「ユーザーが本当に求めているか疑問が残るが,もし携帯電話事業者側から強い要望があれば搭載する」という。また,3Dのディスプレイ搭載については「社内に既に他社よりも高品質なパネルと技術があり,いつでも搭載できる」としながらも,「コンテンツが少なく,ユーザーの利用シーンがあまりハッキリしない」ことから,搭載を見送っている現状を明らかにした。