PR
講師として登壇したGoogle社 Developer RelationsのAndres Ferrate氏。このほか,同社のIan Ni-Lewis氏も登壇した。
講師として登壇したGoogle社 Developer RelationsのAndres Ferrate氏。このほか,同社のIan Ni-Lewis氏も登壇した。
[画像のクリックで拡大表示]

 世界最大級のゲーム開発者会議「Game Developers Conference(GDC)」(2011年2月28日~3月4日,米国サンフランシスコ開催)が開幕し,初日はチュートリアルと,あるテーマに特化した「Summit」が開催された。このうち,ソーシャル・ゲームなどをテーマにした「Social & Online Games Summit」では,「Games on SmartTVs」と題し,米Google社が同社の「Google TV」をはじめとしたスマートTVに向けたゲームについて講演した。

 この講演の冒頭で,米国において2010年に200万台だったスマートTVは,2014年には4300万台にまで急伸し,世界全体では2014年に2億3000万台にまで増えるという調査会社の予測を紹介し,急拡大するスマートTV市場への期待を述べた。ブロードバンドの普及も拡大し,2014年には米国の家庭の約78%がブロードバンドを利用可能になることで,スマートTVの利用環境も整うとした。

 スマートTVに向くゲームとして,例えばカジュアル・ゲームやソーシャル・ゲームを挙げた。カジュアル・ゲームを例に挙げたのは,ゲーム専用のコントローラがないなど,ハードウエア上の制約があるためだ。また,ソーシャル・ゲームに関しては,パソコンよりも大きな画面で楽しめるため,「よりインタラクティブになる」という利点があるとした。

距離を大事に


 スマートTV向けゲームを開発する上で考慮すべき点として,ユーザーから画面までの「距離」を挙げる。その距離は,一般に10フィート(約3.05m)ほど。このため,画面に表示された小さい文字が読みにくいなどの課題が生じる。そこで,大きなアイコンを用いたユーザー・インタフェース(UI)や,操作のナビ情報を提示することなどで,スマートTV上のゲームを操作しやすくすべきとする。

 スマートTV向けのゲームは,そのコントローラや課金方法がこれまでのゲーム機よりも多様化するという。例えば,加速度センサやジャイロ・センサ,GPS,カメラを搭載したスマートフォンやタブレット端末をコントローラ代わりに利用できるようになる。

 課金方法に関しては,これまでゲームを販売して代金を徴収するといった従来の手法から,広告収入,基本機能を無料で提供して高度な機能について課金する,いわゆる「フリーミアム」といった手法も利用できるという。

 このほか講演では,Android向けSDKやGoogle TV向けSDK,そしてEclipseの利用で,スマートTV向けゲームの開発環境を無料で整えられる点を強調していた。