PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,学習向けの機能を強化したAndroid搭載携帯端末「Galaxy Player 70」を発売すると発表した(韓国語のニュース・リリース)。スマートフォンの画面に比べて大きな5型のディスプレイを搭載している。画素数は800×480。学生はこの端末を使って,遠隔地で行われている講義の動画を視聴し,受講することができる。黒板に書かれた文字を鮮明に見ることができるという。価格は,16Gバイト品が49万9000ウォン(約3万6900円),32Gバイト品が59万9000ウォン(約4万4200円)。

 同社は,様々な教育用コンテンツも用意した。例えば,韓英・英韓辞書を標準搭載している。また,「Samsung Apps」からダウンロードできる「Smart Edu」を使うことで,六つの教育サイトにある合計2000以上の講義を無料で視聴できる。EBS(韓国教育放送公社)やソウル市江南区役所のインターネットによる修学能力試験放送も視聴できるため,受験生にとって有用であるとする。このような教育用のコンテンツや,映画,ドラマなどのフルHD級の動画を,有線または無線でインターネットに接続して簡単に見ることができるという。

 動画のほかにも,「Androidマーケット」の様々な教育コンテンツや,韓国の大手書店「教保文庫」が提供する電子書籍8万冊を利用することができる。同社は今後,ファームウエアのアップデートによって,教育サービスをさらに拡大する計画である。

 端末の厚さは11.9mm,重さは186g。2500mAhの大容量電池,500万画素のカメラを搭載する。日本のワンセグ放送に当たる韓国の地上デジタル放送「DMB」も視聴できる。