PR

 千住金属工業は、3月17日17時時点での巨大地震による被害状況を明らかにした(ニュース・リリース)。公表したのは以下の2カ所。いずれも順次生産を開始している。

1.栃木県真岡市にある栃木事業所。生産品目は,はんだ製品(棒はんだ、ヤニ入りはんだ、ソルダペースト、フラックス)や軸受製品。建物や設備に大きな損傷はなく,3月14日より電力が復旧し、順次製造業務を開始している。ただし,一度停止した設備を再稼働させているので,現時点では震災前の稼働状況には達していない。出荷に関しては,配送事業者の状況などによって通常より時間がかかる場合があるが、可能な限り納期に間に合うように出荷中とする。

2.岩手県一関市にある千住電子工業。生産品目はソルダボール。建物及び設備に大きな損傷はなく,3月15日より電力供給が再開。製造設備の点検確認を行いながら,順次生産を開始している。製造に必要な材料、副資材などは当面の製造に十分な量を確保しているという。