PR

 東京電力は、同社の大井火力発電所(東京都品川区)敷地内にガスタービン発電設備を設置すると発表した。東日本大震災に伴って2011年夏の電力不足が懸念されるなか、同社としてできる限り発電量を確保しようとしており、その一環としてガスタービン発電設備の緊急設置を決めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事