PR

京都大学と富士通は2011年5月17日、電力センサを内蔵したスマート電源タップを利用したエネルギー・マネジメントに関する実証実験を開始したと発表した。京都大学の本部がある吉田キャンパスにおいて、最大で約600台のOA機器や情報家電のエネルギー利用データをスマート電源タップを利用して収集する。そのデータを解析することでエネルギー利用の無駄などを把握し、削減していくという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い