PR

 日立化成工業は、原子力発電所の事故の影響で操業停止しているグループ会社・浪江日本ブレーキ(本社福島県・浪江町)の今後の生産計画を明らかにした(日立化成工業のニュースリリース)。日立化成工業の下館事業所内に浪江日本ブレーキの生産設備を新たに設け、生産能力を引き上げる。

 浪江日本ブレーキは日立化成工業の孫会社に当たり、自動車用ディスク・ブレーキパッドを生産している。本社所在地は、東京電力の福島第一原子力発電所から20km圏内にあり、立ち入りが禁止されているため、操業を停止していた。

 震災後、浪江日本ブレーキの国内他拠点や親会社である日本ブレーキ工業(本社東京都八王子市)の国内拠点、両社の海外関連企業で代替生産を行っていた他、国内外の同業他社の支援も受けていたが、生産・供給能力は大幅に落ち込んでいた。

 そこで、日立化成工業の下館事業所内に浪江日本ブレーキとしての新たな生産拠点を設け、2011年12月から順次生産を始める。2012年10月には震災前の5割程度まで生産・供給能力が回復する見込み。投資額は約35億円。

 浪江日本ブレーキでは、今後も需要動向に応じて新しい生産拠点の確保を進める。ただし、福島県・浪江町の本社で再び操業できる状況になれば、生産拠点として活用することを検討するという。