PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ナナオは、約800万画素(8M)の医用画像表示モニター「RadiForce RX840」を2011年11月1日に発売する。画面寸法は36.4型で、画素数は4096×2160。カラー表示の液晶モニターである。医用画像と検査リストを同時に表示させるなど、取り扱う画像データの種類が急増している医療現場のニーズに対応した製品と位置付ける。

 同社の医用モニターとしては初めて、バックライト光源に白色LEDを採用した。5年間かつ製品使用2万5000時間以内は、推奨輝度400cd/m2の維持を保証するという。

 「Hybrid Gamma」と呼ぶ機能を搭載する。同一画面内のモノクロ画像とカラー画像の表示エリアを自動的に判別し、それぞれを最適な輝度と階調で再現する機能である。医療現場では、モノクロ画像とカラー画像を混在して取り扱うようになってきており、同機能によって業務の効率化を支援する。

 今回の製品は、2011年7月13~15日に東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2011」に出展する。