PR

 日本IBMとエクサ(本社川崎市)は共同で、工場やオフィスにおけるエネルギ関連データを可視化できるシステムを2011年7月5日に発売した(日本IBMのニュースリリース)。製造業向けのテンプレートを既に用意しており、システムを最短3週間で構築できるという。

 日本IBMが設備管理ツール「Maximo」を提供し、エクサがMaximoをベースにシステムを構築する。その上で、日本IBMは実際の状況に基づいた改善提案や効果検証などのサービスも手掛ける予定。システムの名称は「エネルギーの見える化ソリューション」。

 このシステムは、工場やオフィスに設置されている電力計やエネルギ管理システムからデータを集め、電力使用状況を「見える化」する。具体的には、施設やフロアなどのきめ細かい単位で電力の使用実績などを算出できる他、これらのデータからレポートやグラフを作ることも可能だ。

 システムの価格は、内部構築の場合が400万円(税別)から、SaaS(Software as a Service)の場合が300万円(同)から。SaaSモデルでは別途月額料金が発生する。月額料金は20万円(同)から。