PR
LED電球の販売数量構成比(図:ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン)
LED電球の販売数量構成比(図:ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
シーリングライトの管球別、数量・金額構成比(図:ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン)
シーリングライトの管球別、数量・金額構成比(図:ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは、家電量販店店頭におけるLED電球やLEDシーリングライトの販売動向の調査結果を発表した(発表資料)。それによると、2011年6月にはLED電球の販売数量構成比が43.5%と白熱電球を上回り、LEDシーリングライトは管球の蛍光灯などを使うシーリングライトを販売金額で逆転したとする。東日本大震災以来の節電意識の高まりによってLED照明への引き合いが強まっていることが、こうした販売結果に現れているようだ。

 電球全体の中でのLED電球の販売数量比率は、2010年下期以降、20%前後で推移していた。50%台の白熱電球に比べると、その差は2倍以上も開いていた。この傾向が東日本大震災が発生した2011年3月11日以降、大きく様変わりした。LED電球の比率は右肩上がりに上昇する一方で白熱電球が下がり、関東甲信越地方では5月にLED電球が電球全体のトップに、日本全体では6月に電球全体のトップに立った。7月第1週(6/27~7/3)には、日本全体の数量構成比で49.8%と約半数を占めるに至った。需要が急伸した3月以降はLED電球の平均単価はほぼ横ばいで推移していることから、LED電球の販売数量拡大は製品価格の下落ではなく消費マインドの変化による側面が大きいとジーエフケー マーケティングサービス ジャパンはみる。

 LEDシーリングライトについては、2011年6月に販売数量がシーリングライト全体の15.8%、販売金額が42.7%に拡大した。シーリングライト全体におけるLEDシーリングライトの販売数量の比率は、2011年初頭まではわずか2.2%。それが、パナソニックの市場参入などによる製品ラインアップの拡大や節電意識の高まりによって、4月以降はLEDシーリングライトの販売数量比率が拡大していったという。LEDシーリングライトの平均価格は約3万8000円と年初から約9%下がっていることや、時間やシーンに合わせて調光・調色できる機能を備えた品種が増えてきたことなどが、LEDシーリングライトへの買い替えを後押ししていると、ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンはみる。