PR

 ガラポンは2011年7月22日、ワンセグ全番組録画機である「ガラポンTV弐号機」の一般向け販売を開始した(プレスリリース)。同年4月8日から、ガラポンTV初号機の申し込み者やメール登録者に限定して販売していたもの。ワンセグ放送の番組をすべて録画し、後からスマートフォン、タブレット端末、パソコンなどで視聴できるようにする製品だ(関連するNEブログ)。

 ユーザーが別途用意するUSB接続の外付けHDDに番組を録画する。約1TバイトのHDDに約1カ月間の全番組を録画できる。今のところ対応地域は東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県で、順次拡大予定だという。視聴に使える端末は、iPhone、iPad、Android搭載端末、パソコン。購入申し込みページから購入できる。製品の価格は3万4500円で、送料が700円である。

 同社によると、このタイミングで一般販売に踏み切った理由は、2011年7月25日に行われるアナログ停波だという。リビングルームのテレビは地上デジタル放送に対応していても、その他の部屋の小型テレビはまだ地デジ非対応のものが数多く残っている。こうした小型テレビで番組が見られなくなることで「テレビ離れ」が起こるのを、この製品で食い止めたいとしている。