PR

 米Texas Instruments Incorporated(TI)は、Cortex-M3をベースにしたMCUの「Stellaris」の量産を開始したことを発表した(発表資料)。今回量産を開始したStellaris MCUは、最大80MHzまで動作可能であり、最大512Kバイトのフラッシュメモリは50MHz以下の動作速度ならば0ウェイトでアクセス可能。他に10/12ビットADC×2を内蔵する構成の製品。他に10/100Base-T EthernetのMAC/PHYとCAN、USB(Host/Device/OTGの各構成が可能)、I2S、I2C、UARTといったインタフェースと高精度オシレータを内蔵する。パッケージは16Kバイトのフラッシュから512Kバイトのフラッシュまでの各製品でピン互換を保っている。

 このStellaris向けに、TIより開発用ソフトウエアであるStellarisWareも無償で提供されている。

 Stellaris MCUの価格は1000個の場合で2米ドル/個からとなっている。また開発キットとして、256Kバイト以下のフラッシュの構成向けにはLM3S9B96開発キットが、384K~512Kバイトのフラッシュの構成向けにはLM3S9D96開発キットが、どちらも425米ドルで用意されている。また評価キットとしては256Kバイトのフラッシュのものと512Kバイトのフラッシュのものが、どちらも99米ドルで提供される。