PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 昭和シェル石油は、同社が2010年8月31日に運営を開始した「雪国型メガソーラー」(新潟市、発電規模は1MW)の発電実績を公表した。2010年9月から2011年7月までの交流発電実績は103万kWhで、当初の計画を約20%上回った。モジュール1kW当たりの年間発電量は1100kWh強となる見込みで、これは新エネルギー財団が発表している新潟県の年間平均発生電力量863.46kWhを上回るばかりか、全国平均の同990.02kWhも超える。

 雪国型メガソーラーは、ソーラーフロンティアが製造したCIS系太陽電池モジュールを1万2528枚使用している(関連記事)。年間発電量が想定よりも多くなったのは、夏場の温度上昇時でも発電量の低下が少ないCIS系太陽電池の特性や、今回用いたモジュールの額縁部分の段差が少なく冬場に雪が落ちやすかった点などが寄与したとみられる。

 雪国型メガソーラーは、雪国での最適な設置方法を検証するために,(1)モジュールの設置角度を通常に近い20度,雪が滑り落ちやすい30度の2種類を用意した。(2)さらに,滑り落ちた雪が地上で積み重なった場合に備えて,モジュールの設置高さを1mとした。

 (1)に関しては、30度設置のモジュールの方が雪の滑落に適していることが実際に確かめられた。平常時の出力については、30度と20度で大きな差はなかったという。(2)に関しては、新潟市内では積雪が80cm程度の高さになる場合があることから、1m程度が望ましいとした。