PR

 米Texas Instruments Incorporated(TI)は、安全性が求められる医療・産業・車載といった用途に向けたMCU「Hercules Safety MCU」ファミリを発表した(発表資料)。ベースとなるのは英ARM Ltd.のプロセサ・コア「Cortex」、これを利用してスケーラブルなパフォーマンスやメモリ容量、および安全性を、高い信頼性で提供するという。

 発表したのは「RM4x」と「TMS570」、「TMS470M」の三つのファミリ。RM4xは医療/産業用に高性能を提供するもので、TMS570は車載向け、TMS470Mはそれほど高い性能が必要ない用途向けの低価格品となる。

 このうちRM4xとTMS570については

・ランダムエラーの検出と保護を行うハードウエアを搭載
・FPU付きの「Coretex-R4F」コアをDualで搭載し、これをlockstepで動作させる
・CPUとすべてのバスマスタにメモリ保護機能を搭載
・フラッシュ・メモリとSRAMについてはSECDEC(Single Error Correction and Double Bit Error Detection:1bitエラーの訂正と2bitエラーの検出)のECC保護を行っており、CPUの性能を落とさずにこれを実行可能。
・CPU及びRAMはBIST(Built-In-Self-Test)で潜在的なエラー発生をソフトウエアを使わずに検出可能
・周辺機器用のRAMやADC・Timerなどはすべてパリティで保護され、また電圧/クロックモニターにより診断が行われる
・Intelligent Error Signaling Moduleを内蔵し、アプリケーションが故障に応じた対応を取れるように配慮されている

などの、安全性確保に向けた仕組みが搭載されている。

 RM4xは、最大220MHzのDual Cortex-R4Fコアと最大3MBのフラッシュ・メモリに256KバイトのRAMを内蔵し、IEC61508 SIL-3の安全規格を満たしているほか、Ethernet/CAN/USBを搭載する。

 TMS570は最大180MHzのDual Cortex-R4Fコアと最大3Mバイトのフラッシュ・メモリに256KバイトのRAMを内蔵し、ISO 26262 ASIL-D/IEC61508 SIL-3の安全規格を満たしているほか、AEC-Q100の条件も満たしている。やはりEthernet/CAN/USBの他FlexRayにも対応し、車載向けに最大125℃の温度範囲に対応する。

 TMS470Mは最大80MHz駆動のARM Cortex-M3コアと320K~640Kバイトのフラッシュ・メモリに16K~48KバイトのSRAMを搭載し、AEC-Q100とIEC61508 SIL-3に準拠するほか、LIN及びCANに対応する。

 このHeracules MCUは、10000個の場合で1個あたり5~30米ドルとなっており、即時オーダー可能である。またRM4x Hercules USB Stick開発キット(TMDXRM48USB)は79米ドルで、RM4x Hercules開発キット(TMDXRM48HDK)は199米ドルとなっている。