PR
「Softbank 4G」を発表するソフトバンクモバイルおよびWCP社長の孫正義氏
「Softbank 4G」を発表するソフトバンクモバイルおよびWCP社長の孫正義氏
[画像のクリックで拡大表示]
モバイルWiFiルーター「ULTRA WiFi 4G Softbank 101SI」
モバイルWiFiルーター「ULTRA WiFi 4G Softbank 101SI」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクグループのWireless City Planning(以下、WCP)は2011年9月29日、広帯域移動無線アクセスシステム「XGP」(eXtended Global Platform)を高度化させた「AXGP」(Advanced XGP)を同年11月1日より開始すると発表した。XGP用に総務省より割り当てられた2.5GHz帯を使い、下り最大110Mビット/秒、上り最大15Mビット/秒のサービスを提供する。「20MHz幅の帯域を使うとともに、(同じ周波数で異なる信号を同時に載せて多重する)2×2のMIMOを利用することで下り110Mビット/秒を達成した」(WCP)という。なお、上りにはMIMOは利用しない。

 AXGPは「中国China Mobile社やインドBahati Airtel社などが採用する予定のTD-LTEと実質的には同じもの」(WCP社長の孫正義氏)。AXGPはTD-LTEに対し、「アレイ・アンテナを使ったビーム・フォーミング技術などを付加している点に違いがある」(WCP)という。アレイ・アンテナを使ったビーム・フォーミングは基地局側に搭載する技術なので、端末側はTD-LTE対応のものがそのまま接続できる(関連記事「世界に広がるTD-LTE」)。

 提供エリアは、2011年11月1日時点では東京・大阪・福岡の一部地域でサービスを提供する。2011年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京 23 区、横浜市、川崎市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市に拡大する計画である。さらに、WCP社設立の際に、ウィルコムから承継した15万7000局の基地局設置場所およびソフトバンクモバイルの鉄塔などを活用し、全国の都市部を中心にエリア整備を行い、2012 年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%にするとしている。

 ソフトバンクモバイルは同日、AXGPを利用した通信サービスを「Softbank 4G」と呼んで提供することを発表した。その第1弾の通信端末として、2012年2月以降にモバイルWiFiルーター「ULTRA WiFi 4G Softbank 101SI」(セイコーインスツル製)の販売を開始する。AXGPが2011年11月からであるのに対し、通信端末が2012年2月以降に登場する理由については、「この間は試験運用期間という位置付け」(孫氏)という。