PR
EVやPHVを充電できる地下式立体駐車場
EVやPHVを充電できる地下式立体駐車場
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱重工パーキング(本社横浜市)は、電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHV)を充電できる地下式立体駐車場「plug-inプレストパーク」を連続受注した。いずれも23台分の充電機能を備える平面往復式立体駐車場で、ビルの地下空間を活用するタイプである(ニュースリリースTech-On!関連記事)。

 同タイプの立体駐車場でEVやPHVの充電機能を備えるものの受注は国内初で、立体駐車場1基で23台分の充電機能を持つのは国内最大規模となるという。今回受注した立体駐車場は、ビルの地下空間に効率的に自動車を自動搬送・格納する平面往復式立体駐車場「プレストパーク」の改良版である。2案件合わせた駐車台数は241台となり、いずれの立体駐車場も、充電専用のコンセントが設置された23台分の駐車パレットを備えている。これにより、駐車中のEVやPHVに充電する。

 受注した立体駐車場は、いずれも名古屋市内に建設中のビルに納入する。初号機は、関電不動産(本社大阪市)が建設中の東海関電ビル向けで、竣工は2012年1月の予定。2号機は、東京海上日動火災保険が建設中の名古屋東京海上日動ビル向けで、竣工は2013年6月を予定している。