PR

東芝と明電舎は、中小型水力発電システム分野で業務・技術提携に関する基本契約を締結したと発表した(東芝のニュースリリース明電舎のニュースリリース)。東芝は明電舎に対して水車やそれに関連するサービスを、明電舎は東芝に水車発電機とその関連サービスを供給する。これにより両社の水力発電システム事業の強化を狙う。

 東芝は揚水発電を含む水力発電事業をグローバルに展開しているが、今回の提携により国内の小型製品の強化を図る。一方、明電舎は主に国内を中心に中小型水力発電機事業を展開しており、東芝からの水車の供給を確保することで国内事業のさらなる拡大を図る。国内では、再生可能エネルギー特別措置法の成立により、対象となる3万kW未満の小型水力発電システムの需要の拡大が見込まれている。また、今後、海外における中小型水力発電市場においても両社の協力を拡大していくとしている。