PR
iPhone 4Sを発表する孫正義氏
iPhone 4Sを発表する孫正義氏
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIとソフトバンクモバイルは2011年10月7日、米Apple社のスマートフォン新製品「iPhone 4S」の価格と料金プランを相次いで発表した(KDDIのプレスリリース(PDF)ソフトバンクモバイルのプレスリリースTech-On!の関連記事)。端末価格自体はソフトバンクの方が若干高いが、パケット定額料金はKDDIの方が高いため、月額負担はソフトバンクの方が軽くなる。両社は同日16時にiPhone 4Sの予約受け付けを開始し、同月14日に発売する。

 KDDIのiPhone 4Sは、16Gバイト・モデルが実質0円、32Gバイト・モデルが実質1万320円(月額430円)、64GBモデルが実質2万640円(月額860円)。ソフトバンクのiPhone 4Sは、16Gバイト・モデルが実質0円、32Gバイト・モデルが実質1万1520円(月額480円)、64GBモデルが実質2万1120円(月額880円)。

 一方、パケット定額料金はKDDIが4980円(2012年1月31日までに申し込んだ場合のキャンペーン価格)、ソフトバンクが4410円である。両社ともWeb利用料が月額315円かかるため、16Gバイト・モデルを選択したときの月額負担額は、KDDIが6275円(プランZシンプル)/6075円(プランF(IS)シンプル)、ソフトバンクが5705円(ホワイトプラン)になる。

 ソフトバンクはiPhone向けのキャンペーン「アレ コレ ソレ キャンペーン」も実施する。まず、iPhoneユーザー向けに3G版iPad 2を端末価格だけで利用できるようにする。iPad 2のパケット定額料を100Mバイトまで無料にし、Web利用料も無料にする。これにより、端末の分割代金(16Gバイト版の場合で月額1860円)だけでiPad 2を利用できるようになる。加えて、iPhone 3G/3GSの利用者で分割代金が残っているユーザーに向けて、実質無償でiPhone 4/4Sへの機種変更ができるようにする。割賦残債相当額を毎月の通信料から値引きすることで実現する。

 ソフトバンクは、同日に本社で発表会を開催した。冒頭で同社代表取締役社長の孫正義氏は、先日他界したApple社のSteve Jobs氏に対する思いを語った(Tech-On!の関連記事)。孫氏はJobs氏の訃報を聞いて「予約キャンペーンを延期した方がいいのではないか」といったんは思ったが、「彼の芸術作品であるiPhoneが一人でも多くの人に行き渡るようにした方が、彼の意志に合うだろう」と思い直し、予定通りに行うことにしたという。

 発表会では、ソフトバンクモバイル 取締役専務執行役員 兼 CTOの宮川潤一氏が、KDDIのiPhone 4Sに対する優位性も強調した。例えば、下りの最大通信速度は、ソフトバンクのiPhone 4S(HSPA)が14.4Mbpsなのに対し、KDDIのiPhone 4S(EV-DO Rev.A)は3.1Mbpsであることを指摘した。また、KDDIではデータ通信中に音声通話の着信があった場合にはデータ通信が途切れてしまうのに対し、ソフトバンクではデータ通信が継続するというメリットも挙げた。ただし、電波状況については、基地局を増やすことによりNTTドコモやKDDIに肉薄したとしながらも、まだ両社には追いつけていないことを認めた。