PR
食事を撮影している様子
食事を撮影している様子
[画像のクリックで拡大表示]
候補がリストアップされた様子
候補がリストアップされた様子
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは、「CEATEC JAPAN 2011」(2011年10月4~8日、千葉県・幕張メッセで開催)において、タブレット端末やスマートフォンのカメラで食事を撮影するだけで摂取カロリーの管理ができるシステムを参考出展した。食事の摂取カロリーを管理するWebサービスは既に幾つか存在するが、「写真を撮るだけで、ある程度正確に管理できるシステムは初めて」(同社の説明員)という。

 食事をカメラで撮影すると、タブレット端末やスマートフォンの画面には候補メニューが10種類表示される。「似ていると判断した順の10品目が表示される」(NTTドコモの説明員)という。ユーザーはこの中から自分が実際に食べたものを選択し、記録させる。

 1000品目のメニューの判別が可能であるとする。1000品目の中には、飲み物も含まれる。「1000品目あれば、通常の食事メニューをほとんどカバーできる」(NTTドコモの説明員)という。なお、食事の解析には、NECの画像処理技術を活用した。

 記録した食事データは、カレンダー型式で履歴を確認できる。体重を登録(手入力)することも可能で、食事と体重の変化の相関の把握に役立つとNTTドコモは説明する。実用化時期は未定である。