PR
型番の表示箇所
型番の表示箇所
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、2007年9月以降に国内で発売した液晶テレビ「ブラビア」5機種で、不具合が発生する可能性があると発表した(ニュース・リリース)。液晶パネルのバックライトを点灯するためのインバータ回路に使用するトランスに不具合があるものが混在しており、テレビ内部で発熱・発火する他、熱でテレビ本体上部の一部が溶解する場合があるという。

 対象機種は、画面寸法が40型である「KDL-40X5000」「KDL-40X5050」「KDL-40W5000」「KDL-40V5000」「KDL-40V3000」の5機種。国内における対象機種の総販売台数は約18万9000台とする。

 ソニーによると、2011年10月12日現在、上記の不具合が原因でテレビ本体上部の一部が溶解した事例を10件確認したという。さらに、「重大製品事故」と認定された事例も1件発生したとする。なお、ソニーは同じ部品を用いた類似機種を、全世界で約160万台(国内含む)販売しているが、国内以外では不具合の報告事例はないという。

 ソニーは、対象製品の無償点検・修理を実施する。対象機種の型番は、テレビを正面から見て右下部分に表示されている。