PR

 松谷化学工業(本社兵庫県伊丹市)は、さまざまなでんぷんを顧客ニーズに合わせて配合するドライスターチミックス工場を建設すると発表した。投資額は8億円で、同社の伊丹工場の敷地内に建設する。2012年5月下旬に竣工の予定。

 加工でんぷんやでんぷん分解物の配合における顧客ニーズに柔軟に対応できるよう、設備を増強するととともに、自動化設備の導入で生産能力と生産効率の向上を図り、併せて衛生面も強化するとしている。現在の生産能力は1日8時間の稼働で年間8000tだが、新工場稼働から1年目は同1万2000t、2年目以降は24時間稼働で2万tを予定している。