PR

 東芝ホームアプライアンスは、インドネシアに洗濯機の工場を新設する(ニュースリリース)。生産開始当初は、東南アジアや中近東で市場の約40%を占める2槽式洗濯機を生産する。新工場設立により、同社は2槽式洗濯機の生産能力を、2011年度の50万台に対し、2015年度に100万台とする計画。

 新工場は、東芝のテレビ工場であるToshiba Consumer Products Indonesia社の敷地(East Jakarta工業団地内)に建設する。新建屋の中2階を含めた延べ床面積は1万8000m2で、2012年夏ごろに竣工し、同年末から製品を出荷する予定。建屋の完成から稼動までの投資予定額は、約30億円。従業員は約350人とする。

 東芝ホームアプライアンスによれば、インドネシアは洗濯機の市場として東南アジアで最大であり、市場規模はさらに拡大傾向にあるという。2010年度の需要は推定177万台で、今後も年率20%以上の伸長が見込まれる。中でも2槽式洗濯機は全体の6割強を占めている。

 東芝ホームアプライアンスは、これまで、タイの製造拠点(Toshiba Consumer Products (Thailand) Co., Ltd.)から完成品を輸入し、インドネシア市場で販売してきた。今後は現地に工場を設立し、商品供給力とコスト競争力を強化する。新工場はインドネシア国内だけでなく、Toshiba Consumer Products (Thailand)社や中国の東芝家電製造(南海)有限公司と同様に、東南アジアや中近東、日本にも洗濯機を供給していく。