PR
FU-613REA(三菱電機のデータ)
FU-613REA(三菱電機のデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱電機は、データセンター間などに使う10Gビット/秒の光伝送装置向けに、光送信モジュール「FU-613REA」を2011年10月31日に発売する(ニュースリリース)。XMD-MSA準拠の外形寸法のCAN型パッケージに収めている。

 今回発売する製品は、電界吸収型光変調器を集積化した半導体レーザーのEML(electro-absorption modulator laser)素子を使う、光送信モジュール(TOSA:transmitter optical sub assembly)である。消費電力が小さいことが特徴とする。高温で動作できるEMLを新規に開発したことで、冷却用の熱変換素子を小さくできた。この熱変換素子の小型化によって、TOSA全体の消費電力は0.6Wにまで下げることができた。消費電力は同社従来品の「FU-612REA」に比べて約1/2になったという。

 また、新開発のEML素子を採用したことにより、伝送距離は40kmを確保した。40kmの伝送後の伝送ペナルティは1.0dB以下(典型値)と小さい。さらに、消光比は10dB以上(典型値)、マスク・マージンは20%(典型値)であり、共に高い。出力は-2~+2dBm。動作温度範囲は-5~+85℃である。サンプル価格は3万円。