PR
図●TIAナノグリーンの会員になるメリットの説明
図●TIAナノグリーンの会員になるメリットの説明
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年10月18日に「TIAナノグリーン ワークショップ」(主催はTIAナノグリーンワーキンググループ、独立行政法人物質・材料研究機構)が東京都千代田区内で開催され、「ナノテクノロジー材料の研究開発拠点であるTIAナノグリーンへの参加企業の募集を始める」と発表した。物質・材料の研究開発拠点のTIAナノグリーンは、オープンイノベーション形式の研究開発の場として、企業に対して会員制度の基に開放されることを公表した。

 TIAナノグリーンは、世界水準から見て最高峰で最先端のナノテクノロジー材料の研究開発拠点を目指し、茨城県つくば市にある物質・材料研究機構などに設けられている研究開発組織である。2008年度から、文部科学省と経済産業省は最先端ナノテクノロジーの研究開発拠点として「つくばイノベーションアリーナ」を構築する支援を続けており、その6領域の一つとなるナノテク物質・材料研究拠点として、TIAナノグリーンが構築されている最中だ。

 ナノテク物質・材料研究拠点としての組織づくりがほぼ終わり、物質・材料研究機構の中に、その中核となる建屋としてNIMS環境技術研究開発センター棟が2011年度内に建設される見通しだ。

 TIAナノグリーンは運営態勢がほぼ築かれたことを受け、2012年度から本格的に産学官連携のオープンイノベーションの場として稼働する計画だ。このため、TIAナノグリーンは企業に対しては会員制によって、最先端の研究開発の場を提供する。

 10月18日に公表された会員制度案では、例えば特別会員の場合は、資本金1億円以上の企業は研究運営費を1年当たり2000万円、材料開発テーマごとに設けられたテクノロジー・コミッティー(TC)に2つ以上参加する際の参加費を同500万円(1つ目のTCは無料で参加できる)という。正会員の場合は、研究運営費を同1000万円、テクノロジー・コミッティーに2つ以上参加する参加費を同500万円納めるという。各テクノロジー・コミッティーの研究成果から生まれる特許などの知的財産では、「会員企業は、非独占的な通常実施権を無償で使える」という。

 一方、ベーシック会員という参加方法も用意されている。ベーシック会員の場合は、研究運営費を資本金1億円以上の企業は1年当たり200万円、資本金が1億円以下の企業は同100万円となる。テクノロジー・コミッティーには参加できない。また、知的財産の通常実施権を受けるには有償となる計画である。

 TIAナノグリーンの会員になると「世界最先端の研究開発設備が使え、産学官の世界トップクラスの研究者や開発者と出会えることができ、ナノテク物質・材料の研究投資資金をミニマム化できる」と、物質・材料研究機構の担当者は説明する(図)。