PR
Galaxy Nexusの外観
Galaxy Nexusの外観
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモが販売するGalaxy Nexusの仕様
NTTドコモが販売するGalaxy Nexusの仕様
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google社と韓国Samsung Electronics社は2011年10月19日、Android 4.0(開発コード名:Ice Cream Sandwich)を初めて搭載したスマートフォン「Galaxy Nexus」(Samsung製)を発表した(Tech-On!の関連記事1)。2011年11月より、米国、欧州、東アジア(日本、中国を含む)でGoogle社のパートナーを通じて発売する。日本では、NTTドコモが同年11月に発売することを明らかにしている(同関連記事2NTTドコモの発表資料)。

 Galaxy Nexusはアプリケーション・プロセサとして米Texus Instruments社の「OMAP 4460」(デュアル・コア、1.2GHz動作)、ディスプレイとして4.7型で1280×720画素の有機ELパネルを搭載する。寸法は、高さ約136mm×幅約68mm×厚さ約8.8mm。

 移動通信方式としてHSPA+に対応するHSPA+版と、LTE(long term evolution)に対応するLTE版の二つのモデルがある。NTTドコモではHSPA+版を販売する。