PR
「SD-RBM1000」(パナソニックのデータ)
「SD-RBM1000」(パナソニックのデータ)
[画像のクリックで拡大表示]
製パン工程の改善(パナソニックのデータ)
製パン工程の改善(パナソニックのデータ)
[画像のクリックで拡大表示]
ミル形状の変更(パナソニックのデータ)
ミル形状の変更(パナソニックのデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、米からパンを作る調理家電「GOPAN」の新機種「SD-RBM1000」を2011年12月15日に発売する(ニュースリリース)。GOPANは2010年11月の発売以来、2011年9月末までで国内累計16万台を販売したという。

 新製品は、製パン工程に2つの工程を追加したことが特徴。米をペースト化した後、グルテンとイーストを加えて生地を練る工程は、従来は1段階だったが、新製品では2段階とした。第1段階では低速で練り、第2段階で速度を上げる。これにより、生地の伸びがよくなるという。さらに、生地を練った後、発酵させる工程で、発酵途中にガス抜きの工程を加えた。より均質なきめ(気泡)の「お米食パン」が作れるとする。なお、出来上がるまでの時間は4時間前後で、従来機種と同等という。

 また、冷やごはんを使って食パンが作れる「ごはんパンコース」を新たに設けた。小麦粉に冷やごはんを配合して作るコースで、ごはんを最大200gまで配合できる。ごはんの量を調節することで、甘み・風味や食感のバリエーションを楽しめるという。

 新製品では、米を砕くミルの構造を変更した。米が出入りする穴をミルの側面から上面に移したことで、米の対流を従来より大きくできるという。低回転でも従来と同等の切削性能が得られるため、運転音が従来の約65dBから約60dBに抑えられるとする。

 また、グルテンとイーストの自動投入ケースに新たにフッ素加工を施すとともに、本体内側(米パンケース)のフッ素加工も従来品に比べて硬度の高いものに変更した。

 オープン価格だが、実売価格は従来機種と同等の5万円前後と想定する。中国工場と三洋電機コンシューマエレクトロニクス(鳥取県鳥取市)の工場において、2万台/月の規模で量産する。