PR
Bangkadi工業団地は排水ポンプ5基(排水量は3基が1m<sup>3</sup>/秒、2基が0.5m<sup>3</sup>/秒)を備えている(Bangkadi Industrial Parkのデータ)
Bangkadi工業団地は排水ポンプ5基(排水量は3基が1m<sup>3</sup>/秒、2基が0.5m<sup>3</sup>/秒)を備えている(Bangkadi Industrial Parkのデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 タイの洪水被害は日を追うごとに範囲を広げ、2011年10月20日夜、Pathum Thani県のBangkadi工業団地で浸水が始まった。Bangkadi工業団地は首都Bangkokから北西およそ35kmに位置する。10月に入って、タイではAyutthaya県とPathum Thani県で相次いで工業団地が浸水しており、その被害がBangkokに迫るかたちで南下している(Tech-On!関連記事1同2同3同4同5同6)。

 Bangkadi工業団地には、ソニーの半導体生産子会社Sony Device Technology (Thailand) Co., Ltd.が入居している。同社はデジタル家電向けLSIや携帯電話向けMMIC、CMOSイメージ・センサの後工程などを担ってきた。浸水を警戒して2011年10月14日から既に操業を停止していたが、21日現在は同社工場にも浸水被害が出ている。今後は代替生産を検討していくという。

 ソニーは、デジタル・カメラを生産するSony Technology (Thailand) Co., Ltd.のAyutthaya事業所が既に被災しており、レンズ交換式デジタル・カメラ「α」新製品の発売延期に追い込まれている(Tech-On!関連記事)。操業再開のメドが立たないことから、同子会社のChonburi事業所で「α」の代替生産を始める。また、デジタル・カメラ「Cyber-shot」は中国および日本国内での代替生産を検討するとした。

東芝は倉庫で火災も

 Bangkadi工業団地には、東芝も複数の工場を抱えている。ディスクリート半導体の後工程を手がけるToshiba Semiconductor (Thailand) Co., Ltd.や電子レンジ用マグネトロンを生産するToshiba Hokuto Electronic Devices (Thailand) Co., Ltd、冷蔵庫や洗濯機を生産するToshiba Consumer Products (Thailand) Co., Ltd.、エアコンを生産するToshiba Carrier (Thailand) Co., Ltd.の各工場で浸水が始まったという。

 また、Toshiba Consumer Products (Thailand)社工場敷地内のスクラップ置き場で一時、火災が発生した。現在は火は消し止められており、人的被害はないという。

 東芝は、Nava Nakorn工業団地のHDD生産拠点も既に被災(Tech-On!関連記事)。同工場では製造設備にも被害が出ているといい、今後、代替生産を含めて対応を検討していく。