PR
完成予想図
完成予想図
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝や三井造船など6社は、愛知県田原市に太陽光・風力発電所を建設する(ニュースリリース)。「たはらソーラー・ウインド共同事業」と題する今回の事業に参画するのは、東芝、三井造船、東レ、東亞合成、三井化学、三井物産。中部電力と協力し、事業化を進めていく。

 愛知県田原市緑が浜の三井化学の所有地およそ82万m2に発電所を建設し、運営していく。建設地は、日照時間・平均風速ともに国内最高水準という。発電容量は太陽光発電が50MW、風力発電が6MWの予定。発電した電力は、再生可能エネルギー推進特別措置法に基づき、全量を中部電力へ販売する。総投資額は約180億円。日本政策投資銀行から融資を受ける予定である。2012年6月に着工し、2013年9月に竣工する。工事期間約1年と太陽光発電設備の法定耐用年数17年を合わせ、事業期間は18年としている。

 今回の共同事業において、東芝は太陽光発電所の施工や維持・運営を、三井造船は風力発電所の施工や維持・運営を担う。東レや東亞合成、三井化学は、両発電所向けの部材などを提供していく。たとえば、東レは太陽電池バックシート用PETフィルムや、風力発電ブレードに用いる炭素繊維などの関連素材に実績を持つ。三井化学は、太陽電池封止シートや太陽電池用接着剤、風力発電に使える潤滑油添加剤などを事業化している。三井物産は、羽田空港国際線地区貨物ターミナルなどで太陽光発電の運営実績があり、そのノウハウを今回の共同事業に生かすとしている。

 今回の発電事業による発電量は約6万7500MWh/年の計画で、田原市総世帯の約9割の約1万9000世帯の使用電力量に相当する。CO2の年間削減量は約3万2000トンと見積もっている。