PR

 三菱マテリアルの銅事業カンパニーは、銅荒引線連続鋳造圧延法で造った銅(Cu)合金線を開発した。高導電性、耐熱性、耐屈曲性が高く、適度な伸びがある。自動車用電線では作業性や信頼性を損なうことなく径を細くでき、材料費を減らし、軽くできる。また、ロボット用の電線では、耐屈曲性がCu-スズ(Sn)の数倍あるため、耐久性、信頼性が高い。

 従来、連続鋳造圧延法で造れる銅合金線は、Cu-Sn系、Cu-銀(Ag)系などに限られており、活性元素を含むために高性能銅合金線は造れなかった。同社が世界で初めて開発した銅荒引線連続鋳造圧延設備での無酸素銅線製造プロセスと、型銅分野で開発した銅合金連続鋳造プロセスを融合することにより、特性の優れた高性能銅合金線を長尺、低コストで造ることに成功した。