PR

 ソニーとスウェーデンEricsson社は2011年10月27日、Ericsson社が50%を所有するSony Ericsson Mobile Communications社の株式を、ソニーが全株取得することで合意したと発表した。取得金額は10億5000万ユーロ。この取引によって、ソニーはSony Ericsson社が持つ通信分野における五つの重要特許群と広範なクロスライセンスを得られるという。

 完全子会社化したSony Ericsson社の製品は、ソニーのネットワーク・コンスーマ製品群に統合する。ソニーは携帯電話機事業を自社内に取り込めたことで、「スマートフォン、タブレット端末、テレビ、ゲーム機に映画や音楽、ゲームなどを届ける4スクリーン戦略を加速できる」(同社 会長 兼 CEOのHoward Stringer氏)としている。一方、携帯電話機事業を手放したEricsson社は、得意とする通信インフラ機器分野に注力するもようだ。

 今回の取引は、各国での政府当局や監督官庁の承認を得た上で、2012年1月をメドに実施する予定である。