PR
0.76mm×0.76mm×0.47mmと小さい200mA出力のLDOレギュレータIC
0.76mm×0.76mm×0.47mmと小さい200mA出力のLDOレギュレータIC
[画像のクリックで拡大表示]

 オランダNXP Semiconductors N.V.は,外形寸法が0.76mm×0.76mm×0.47mmと小さいWLCSPに封止した最大200mA出力のLDOレギュレータIC「LD6806CX4」を発売した(ニュースリリース)。入力電圧範囲は+2.3~5.5V。出力電圧は固定で,+1.2~3.6Vの範囲で複数品種を用意している。プリント基板上の実装面積の削減が特に求められるアプリケーションに向けるという。具体的には,スマートフォンや携帯型メディア・プレーヤなどである。

 出力電圧の誤差は,出力電圧が+1.8Vより小さく出力電流が1mAのときに±3%(最大値),出力電圧が+1.8V以上で出力電流が1mAのときに±2%(最大値)である。ライン・レギュレーション特性は±0.1%/V。ロード・レギュレーション特性は,入力電流が1m~200mAに変化したときに0.01%/mA(最大値)。出力電圧雑音は30μVRMS(10Hz~100kHzにおける標準値)と小さい。このため,雑音除去用コンデンサの外付けは不要という。出力電流が200mAのときのドロップアウト電圧は60mV(標準値)。電源電圧変動除去比は-55dB(標準値)である。

 静電気放電(ESD)耐圧は,人体帯電モデル(HBM)で10kVを確保した。シャットダウン・モード時の消費電流は1.0μA(最大値)。動作温度範囲は-40~+85℃。価格は公表していない。

 WLCSP封止品のほか,外形寸法が1.0mm×1.45mm×0.5mmのSOT886(6端子DFN1410)封止品と,外形寸法が2.9mm×1.5mm×1.0mmの5端子SOT753封止品も用意している。