PR
0.01lxと低い照度が測定できる車載向け環境光センサーIC
0.01lxと低い照度が測定できる車載向け環境光センサーIC
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intersil Corp.は,0.01lxと低い照度を測定できる車載機器向け環境光センサーIC「ISL76671」を発売した(ニュースリリース)。動作温度範囲は-40~+105℃で,車載部品の品質規格である「AEC-Q100」に準拠する。同社によると,0.01lxという低照度に対応した車載機器向け環境光センサーICの実用化は業界初」という。なお,月明かりの照度は0.25~1lxであるため,かなり暗い場所での照度変化を検出できることになる。

 フォトダイオード・アレイや温度補償回路,電流アンプなどを内蔵する。ICの表面をダーク・ガラスで覆うことで,広い照度範囲の測定や赤外光の除去を実現した。さらに,内部回路の工夫で,光に対する人間の目の反応に近い特性を得たとする。照度の測定範囲は,外付け抵抗を使ってユーザーが設定できる。出力は電圧信号で,そのまま後段のA-D変換器を駆動可能。応答時間は30msと短い。「トンネルに入ったときなどの急激な照度変化にも,問題なく追従できる」(同社)という。

 電源電圧範囲は+1.8~3.0V。消費電流は4μA(最大値)。パッケージは,実装面積が2.1mm×2.1mmのOFDNである。1000個購入時の米国での参考単価は0.85米ドルから。