PR

 7つの工業団地で浸水被害が出たタイの大規模洪水。被災した企業は700社を超え、うち6割以上が日系企業という。電機メーカー大手8社に2011年11月2日時点の被害状況や影響を聞いた。この記事では、東芝、日立の状況について伝える(Tech-On!関連記事:ソニー・NEC・富士通の状況パナソニック・三菱電機・シャープの状況)。

東芝はHDDや半導体の代替生産開始

 東芝グループでは、HDDやディスクリート半導体、白物家電などを生産するタイの工場10カ所すべてで操業を停止している。うち、9工場は浸水。唯一、冷蔵庫や電子レンジを生産するThai Toshiba Electric Industries Co., Ltd.の工場には直接の被害がないものの、従業員の安全確保のため、操業を停止した。

表1●操業停止中の東芝グループのタイ工場
現地法人名主な生産品目入居工業団地
Toshiba Storage Device (Thailand) Co., Ltd.HDDNavanakorn Industrial Estate
Toshiba Semiconductor (Thailand) Co., Ltd.ディスクリート半導体Bangkadi Industrial Park
Toshiba Consumer Products (Thailand) Co., Ltd.冷蔵庫、洗濯機Bangkadi Industrial Park
Control Component Co.,Ltd.機械部品Bangkadi Industrial Park
Toshiba Carrier (Thailand) Co., Ltd.エアコンBangkadi Industrial Park
Thai Toshiba Fluorescent Lamp Co., Ltd.蛍光灯用チューブBangkadi Industrial Park
Thai Toshiba Lighting Co., Ltd.蛍光灯Bangkadi Industrial Park
Toshiba Lighting Components (Thailand) Ltd.OA機器用ランプBangkadi Industrial Park
Toshiba Hokuto Electronic Devices (Thailand) Co., Ltd.電子レンジ用マグネトロンBangkadi Industrial Park
Thai Toshiba Electric Industries Co., Ltd.冷蔵庫、電子レンジ-(Nonthaburi県)

 東芝は、この洪水の影響により、国内向けの冷蔵庫とエアコン、オーブンレンジの新製品の発売を延期した(Tech-On!関連記事)。なお、テレビや録画機、パソコンなどの生産には現時点で影響がないとする。HDDは2011年10月25日からフィリピンで代替生産を開始。ディスクリート半導体も同日より日本国内の姫路半導体工場(兵庫県揖保郡)、豊前東芝エレクトロニクス(福岡県豊前市)で代替生産を始めた。ただし、HDDも半導体も、数量・品種ともに限定的という。

日立のHDDは中国・シンガポールでも減産

 日立製作所グループでは、5工場が浸水被害を受けた。携帯電話機向けアイソレータやHDD向けボイス・コイル・モータ(VCM)を生産するHitachi Metals (Thailand) Ltd.の2工場(Rojana工業団地、Navanakorn工業団地)と、産業機器や自動車向け精密鋳造品を製造するHMP(Thailand) Ltd.(Rojana工業団地)、冷蔵庫用圧縮機を生産するHitachi Compressor (Thailand) Ltd.(Rojana工業団地)、自動車ブレーキ用部品を生産するJapan Brake (Thailand) Co., Ltd.(Hi-Tech工業団地)である。また、日立物流の倉庫にも被害が及んでいるという。

 HDDを生産するHitachi Global Storage Technologies (Thailand) Ltd.の2工場は、直接の被害はなく、操業を続けているが、部材調達が難航しているため、生産量を落としている。また、中国・シンガポールの各1工場でも同様に減産中である。日立は、HDD以外には、現時点でタイ国外の生産に影響はないとし、冷蔵庫などもタイ以外の国・地域から部材を調達して生産を続けているという。

■タイ洪水に関するTech-On!記事一覧ページ