PR

 日産自動車が電気自動車(EV)「リーフ」から家庭に電力を供給するV2H(Vehicle to Home)を実現するシステムを「Smart City Week(SCW)2011」(2011年10月24~28日、パシフィコ横浜)で展示した。リーフからの電力を電力制御装置(PCS:power control system)で直流から交流に変換して、配電盤に接続する。PCSは他社生産。量産効果が出れば、価格が安くなり、V2Hシステムの普及につながる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事